活動紹介

【SL向け】2013年5月の運営委員会・各部会案内

<第95回SLネットワーク運営委員会>

2013年5月9日(木) 13:30~

委員長挨拶、今後の活動方針について、活動報告 他
第9回SLネットワーク運営委員選挙について

★SLネットワークについては こちら から

 

<情報部会>

2013年5月8日(水) 13:30~

委員改選について、林田SL講習、活動報告 他

 

<福祉部会>

2013年5月10日(金) 13:30~

学習会「災害Voセンターの図上訓練」(講師:伊藤SL)、情報交換 他

 

<応急部会>

2013年5月16日(木) 12:50~集合 13:00~16:20

◆巡視船「あらかわ」乗船・荒川下流河川見学会◆

場所:荒川知水資料館(amoa)1階ロビー集合
定員:30名(部会を問わず参加可能です。定員になり次第締め切ります)
申込み:乗船手続きの関係上、5月8日(水)までに本部事務局まで。事前登録必須。
詳細は見学会のご案内 、 荒川知水資料館地図 をご覧下さい。

★部会とは「上級講座」を修了したSLによるグループです。毎月、定例の学集会を実施しています。

【SL向け】2013年4月の運営委員会・各部会案内

<第94回SLネットワーク運営委員会>

2013年4月4日(木) 13:30~

委員長挨拶、今後の活動方針について、活動報告 他

★SLネットワークについては こちら から

 

<情報部会>

2013年4月10日(水) 13:30~

情報交換、活動報告、林田SL講習 他

 

<福祉部会>

2013年4月12日(金) 13:30~

学習会「災害Voセンターについて」、情報交換 他

 

<応急部会>

2013年4月18日(木) 13:30~

学習会「応急手当法」(講師:小屋SL、海野SL)、情報交換 他

 

★部会とは「上級講座」を修了したSLによるグループです。毎月、定例の学集会を実施しています。

【SL向け】2013年3月の運営委員会・各部会案内

<第93回SLネットワーク運営委員会>

2013年3月6日(木) 13:30~

委員長挨拶、今後の活動方針について、活動報告 他

★SLネットワークについては こちら から

 

<情報部会>

2013年3月13日(水) 13:30~

次年度年間計画の策定、林田SL講習 他

 

<福祉部会>

2013年3月8日(金) 13:30~

次年度年間計画の策定、情報交換 他

 

<応急部会>

2013年3月21日(木) 13:30~

次年度年間計画の策定、情報交換 他

 

★部会とは「上級講座」を修了したSLによるグループです。毎月、定例の学集会を実施しています。

【終了しました】防災対策講演会のご案内~災害時の「食の備え」~

【終了しました】

災害時の『食の備え』抜本的対策

~災害危機管理と食  あなたは今「なに」をなすべきか~

甲南女子大学名誉教授 学術博士 奥田和子氏 講演会

 甲南女子大学の奥田和子名誉教授をお招きし「災害時の『食の備え』抜本的対策」をテーマにご講演頂きます。
東京都では4月1日に帰宅困難者対策条例が施行されます。その中で、各事業所で備蓄食料の準備が義務付けられます。今回は、「食」をテーマに災害時どのような備えをすればよいのか考える機会にしたいと思います。
本講演会が災害への備えの一助となればと思い、多くの方にご参加いただきたく、ご案内いたします。

日 時   平成25年3月27日(水)  14時30分~15時40分 (受付開始 14:10~)
場 所   KKRホテル東京 10階 平安の間 (東京都千代田区大手町1-4-1)
アクセス:東京メトロ東西線 竹橋駅 3b出口直結
参加費   無料
定 員   40名
お申込   件名に「会員企業防災対策講演会申込み」と明記の上
①御社名  ②御所属  ③参加者氏名  ④ご連絡先電話 の4項目をご記載の上、下記アドレスまでお申込み下さい。
送信先:sl@saigai.or.jp

お問合せ  災害救援ボランティア推進委員会事務局
担当:山口泰助、天寺純香
TEL 03-6822-9900/FAX 03-3556-8217

 

【SL向け】2013年2月の運営委員会・各部会案内

<第92回SLネットワーク運営委員会>

2013年2月7日(木) 13:30~

委員長挨拶、今後の活動方針について、活動報告 他

★SLネットワークについては こちら から

 

<情報部会>

2013年2月13日(水) 13:30~

次年度年間計画の策定準備、林田SL講習 他

 

<福祉部会>

2013年2月8日(金) 13:30~

次年度年間計画の策定準備、情報交換 他

 

<応急部会>

2013年2月21日(木) 13:30~

学習会:「やさしい日本語」、次年度年間計画の策定準備 他

 

★部会とは「上級講座」を修了したSLによるグループです。毎月、定例の学集会を実施しています。

【終了】災害ボランティアコーディネーターA級コース,2/3(日)

この活動は終了しました。

★東京ボランティア・市民活動センターホームページより転載

災害ボランティアセンターの運営ロールプレイに参加しませんか?

平成24年度災害ボランティアコーディネーター養成講座「A級コース」受講者募集

キーワード:災害ボランティアコーディネーター、災害ボランティア、災害ボランティアセンター

首都圏におけるさまざまな災害が想定されるなか、災害時に災害ボランティアセンターを運営し、被災地・被災者支援を行う社会福祉協議会やボランティア・市民活動センターでは、災害・防災への取り組みが重要課題として挙げられています。地域のニーズを引き出し、多くのボランティアを受け入れる災害ボランティアセンターの運営や、災害に備えた地域の防災力をつけていくために、コーディネーターの重要性が増しています。

A級コースの講座では、企業やNPOなどの団体の中で災害ボランティア活動を一定程度経験された方、東京都及び東京都社会福祉協議会が実施した災害ボランティアコーディネーター派遣事業(短期派遣型)に参加された方を対象に、発災時に災害ボランティアの拠点への運営支援及び、災害ボランティア活動ができることを目指します。

※本講座は、資格認定等を行うものではありません。

 

内容 「災害ボランティアセンター運営ロールプレイング」

災害ボランティアセンター運営を疑似体験するワークショップです。災害ボランティアセンターのスタッフ役、ボランティア役、被災者役に分かれ、それぞれの役割を演じ、センター運営の実際について考えます。

 

<講師>

宮﨑賢哉氏(災害救援ボランティア推進委員会)

 

日時

2013年2月3日(日)13:00-16:30(12:30受付開始)

 

会場

飯田橋セントラルプラザ 12階会議室ABCD
東京都新宿区神楽河岸1-1 TEL 03-3235-1171
JR・地下鉄(有楽町線、南北線、東西線、大江戸線:出口B2b)飯田橋駅下車 徒歩約1分
地図はこちら

 

参加対象者

原則として、下記のどちらかを満たす方が対象です。

  • 企業やNPO、ボランティアグループなど団体に所属している方で、災害ボランティア活動を一定程度経験された方
  • TVAC主催災害ボランティアコーディネーター養成講座B級コース(2012年9月29日実施)もしくはA級コース第1期(2012年10月21日実施)に参加した方
  • ※過去に本センターが主催した災害ボランティア関係の講座に参加したことがなくても申し込みできます。

 

参加費

無料

 

定員

50名

 

お申し込み方法

以下の申込フォームまたはファクスでお申込みください。
締切:2013年1月30日(水) ※または定員に達し次第、締切。

https://www.tvac.or.jp/forms/apply/422

 

主催・お問い合わせ先

東京ボランティア・市民活動センター (若林、福田、吉田)
〒162-0823 新宿区神楽河岸1-1 (飯田橋セントラルプラザ10階)
〔電話〕03-3235-1171
〔ファックス〕03-3235-0050

本講座は、災害時に災害ボランティア活動拠点等で活動する災害ボランティアコーディネーターを養成することを目的として、対象者別にS級・A級・B級の3つのコースを設けて実施するものです。人材養成の取り組みを通して、首都圏における大規模災害に備えた、災害ボランティア活動の支援体制づくりを進めていきます。

  • S級コース:NPO、ボランティアセンター、区市町村社会福祉協議会のスタッフなどを対象とし、災害時に地域や被災地の中で中核的な役割を担えることを目指します。
  • A級コース:災害ボランティア活動を一定程度経験された方などを対象とし、災害ボランティア活動拠点の運営支援ができることを目指します。
  • B級コース:災害や防災の取り組みに関心がある方などを対象に、災害ボランティア活動拠点運営スタッフのサポートができることを目指します。
【SL向け】2013年1月の運営委員会・各部会案内

<第91回SLネットワーク運営委員会>

2013年1月10日(木) 13:30~

委員長挨拶、今後の活動方針について、活動報告 他

★SLネットワークについては こちら から

 

<情報部会>

2013年1月16日(水) 13:30~

次年度年間計画の策定準備、林田SL講習 他

 

<福祉部会>

2013年1月11日(金) 13:30~15:00

新年会 会場:さくら水産九段靖国通り店

 

<応急部会>

2013年1月17日(木) 13:30~

学習会:「地域防災について」 講師:一政SL

 

★部会とは「上級講座」を修了したSLによるグループです。毎月、定例の学集会を実施しています。

【終了】防災ギャザリング・ボランティアスタッフ募集のご案内

当推進委員会が協賛をしております防災ギャザリングにおきまして、

以下の通りボランティアスタッフを募集いたします。

 

ギャザリングチラシ → tirasio

①主催 防災ギャザリング2013fromかながわ実行委員会

②日時 2013年1月19日(土) 9時から13時まで。

③会場 横浜市民防災センター(横浜市神奈川区沢渡4-7)

活動場所は、同センターの体育館内

④内容

「ロープワーク」コーナー及び「ブルーシート活用」コーナにおける

展示や来場者へのレクチャー

●ロープワーク:本結び・巻き結び・もやい結びのレクチャー

●ブルーシート活用:ブルーシートで作成する三角テントの展示と解説

⑤募集人数:7名 (追記:残り枠4名)

⑥募集締切:2013年1月15日(火)または募集人数に達し次第締め切り。

⑦申込先:メールやFAX等で当推進委員会事務局まで。

⑧備考:当日にギャザリング参加費として300円が必要となります。

【SL向け】千葉県SLネットワーク 活動報告会のご案内

2012年度の活動報告会(総会)を下記のとおり実施します。
この1年間千葉県内の各地域でさまざまな活動を行ってきました。
1年の活動の振り返りと今後の活動などを話し合います。
また、終了後、新年会を開きます。参加申込は、本部事務局までご連絡ください。
(12時30分より役員会も行います。各地域ネット代表者は早めにお集まりください)

日時 2013年1月13日(日)13:00~
(役員会:12:30~13:00)
報告会:13:00~15:00
新年会:15:30~17:30(同センター内レストラン・¥3000/人)
場所 千葉市生涯学習センター研修室
(千葉市中央区弁天3-7-7)
JR千葉駅東口から徒歩8分

http://www.chiba-gakushu.jp/know/know_04.html

(担当:天寺)

【終了】平成24年度防災教育支援研修会(第4回,12/14)

国営・都立東京臨海広域防災公園、防災教育チャレンジプラン

「平成24年度 防災教育支援研修会」開講のご案内 

 下記のとおり、広く国民・都民に対して防災の普及啓発を図るため、主に学校教育や児童生徒への防災教育に関わる方、防災教育に関心のある方等を対象とした「防災教育支援研修会」を実施します。周知にご協力いただければ幸いです。講演・質疑応答・意見交換・施設見学などを予定しておりますので、ご都合の良い日時にぜひご参加ください。

 

◆主催・共催

国営・都立東京臨海広域防災公園、防災教育チャレンジプラン

◆後援

阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター

◆協力

災害救援ボランティア推進委員会

◆会場

東京臨海広域防災公園そなエリア東京2階 レクチャールーム ほか

アクセス:りんかい線 国際展示場駅より徒歩4分、ゆりかもめ 有明駅より徒歩2分

※但し、10月と2月の研修会は防災教育チャレンジプラン主催行事に代替し会場も異なります。詳しくは防災教育チャレンジプランホームページ(http://www.bosai-study.net/top.html)をご覧ください。

 

◆内容(時間は質疑応答を含みます)

●平成24年 6月29日(金) 15:00~17:00

「研究機関と学校の連携による防災教育実践例~地震と共に暮らすには~」

(講師:東京大学地震研究所 観測開発基礎センター 准教授 酒井慎一 氏)

(司会・コーディネーター 防災ネットワークプラン代表 井上浩一 氏)

平成24年 8月24日(金) 15:00~17:00

「東日本大震災を経験した学校の防災教育実践事例とその後」

(講師:南三陸町立歌津中学校 教諭 佐藤 公治 氏)

(司会・コーディネーター 板橋区福祉部長兼危機管理担当部長 鍵屋一 氏)

平成24年10月13日(土)、14日(日)終日

「2012年度防災教育交流フォーラム(全国の防災教育実践団体による事例発表、交流会等)」

平成24年12月14日(金)  15:00~17:00

「子どもたちと一緒に地域を知ろう!マップ作りを活用した防災教育」」

(講師:日本損害保険協会ぼうさい探検隊事務局 今村 健二 氏)

(司会・コーディネーター 株式会社レスキューナウ危機管理研究所代表取締役 市川啓一 氏)

●平成25年 2月 9日(土)終日

「2012年度防災教育活動報告会(全国の防災教育事例報告会)」

 

◆定員

各回 50名(但し10月・2月研修は防災教育チャレンジプランホームページでご確認ください)

◆参加費

無料

◆申し込み方法

研修会開催日の前日までに下記へお申し込みください。ただし、定員になり次第締め切ります。

お申し込みの際は必要事項をメール・ファックス・お電話にてご連絡ください。なお、お預かりした個人情報は研修会に関するご案内を目的として使用させていただきます。

 

 「防災教育支援研修会(○月○日)参加申し込み」

・氏名 ・所属 ・住所 ・連絡先(電話番号、メールアドレス等)

 

【申し込み・問い合わせ】

東京臨海広域防災公園管理センター(〒135-0063 東京都江東区有明3-8-35)

電話:03-3529-2180 ファックス:03-3529-2188

メール:info-bousai@seibu-la.co.jp

ホームページ:http://www.ktr.mlit.go.jp/showa/tokyorinkai/index.htm

 

 

<参考> 主催・関係団体の紹介

 

【国営・都立東京臨海広域防災公園】 http://www.ktr.mlit.go.jp/showa/tokyorinkai/index.htm

首都直下地震等の大規模な災害発生時に、首都圏広域防災のヘッドクォーター及び広域支援部隊等のベースキャンプ、災害医療の支援基地等として機能する防災拠点施設。併設の「防災体験学習施設そなエリア東京」ではクイズ形式で首都直下地震後72時間を生き残る体験学習ができる。

 

【防災教育チャレンジプラン】 http://www.bosai-study.net/top.html

全国の学校・地域で取り組まれる防災教育を募集し、その実践活動を助成金やアドバイスによって支援するプログラム。ホームページから豊富な実践事例を検索することができる。

 

【阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター】http://www.dri.ne.jp/

阪神・淡路大震災の教訓を後世に伝え、防災・減災社会の実現に向けた調査研究などを行う施設。大規模災害時には専門家を派遣するなどの支援活動を行う。

 

【災害救援ボランティア推進委員会】http://www.saigai.or.jp/

阪神・淡路大震災の教訓を基に設立された民間の災害ボランティア育成団体。同会の災害ボランティア講座を修了したボランティア「セーフティリーダー」は全国で7,000名を超え、地域防災リーダーとして各地で活躍している。